アボカド輸入状況(2020)

アボカドの国別輸入状況

日本へは以下の数量が輸入されています。

アボカド輸入量の推移




国別データ

(単位:トン) 輸入元 2019 2020
1 中国 0 N/A
2 アメリカ 848.5 2,466.8
3 メキシコ 70,775.4 68,513.8
4 コロンビア 17.6 N/A
5 ペルー 4,479.7 8,360.3
6 チリ 593.1 N/A
7 オーストラリア 36.8 N/A
8 ニュージーランド 535.7 N/A
合計 77,287 79,559.6

* 2020年データの国別内訳は上位3ヶ国のみ掲載。

アボカド輸入状況(2019)

アボカドの国別輸入状況

日本へは以下の数量が輸入されています。

アボカド輸入量の推移




国別データ

(単位:トン) 輸入元 2018 2019
1 中国 17 0
2 アメリカ 2,854 848.5
3 メキシコ 65,456 70,775.4
4 コロンビア 5,166 17.6
5 ペルー 5,166 4,479.7
6 チリ 99 593.1
7 オーストラリア 1 36.8
8 ニュージーランド 504 535.7
合計 74,096 77,287

都道府県別最低気温データ

気象庁のデータに基づくヒートマップ





Jmap jQuery Example





2020年2月の最低気温マッピング

都道府県別データ



* 気象庁のデータに基づき株式会社クリエイティブハウスコーポレーションが作成


ベーコンやフェルテが枯死するリスクと言われるマイナス4℃。


国内でのアボカド生産を商業化するには栽培地の最低気温に応じた冬期の栽培管理は極めて重要。豊産性のハスにチャレンジするか、あるいは低温に強いとされる品種を扱う、または混植するといった様々な対策を講じることにより栽培の成功が期待されます。


アボカドマネージャーのサイトに遷移します


アボカド国内栽培(鹿児島)

国内アボカド栽培情報


鹿児島

温暖な気候を利用した熱帯果樹栽培に関する研究が古くから行われている地域である。研究者を始め苗木業者も事業を行っていて、アボカド栽培も盛んである。平成30年度の農水省の特産果樹に関する統計データにも掲載されている。

鹿児島県の最低気温推移


アボカド国内栽培(静岡)

国内アボカド栽培情報


静岡

伝統的なかんきつの産地である特徴を利用したアボカド栽培が、農家や農業法人によって行われている。地元のグループによるアボカド栽培に関する研究も積極的に行われている。

静岡県の最低気温推移


アボカド国内栽培(長崎)

国内アボカド栽培情報


長崎

かんきつ栽培がさかんな地域であるが、傾斜地を利用したアボカド栽培が近年盛んになっている。地元の農家や農業専門家で構成する普及会の活動も活発で、アボカド栽培のほか苗木の生産も行われている。

長崎県の最低気温推移


アボカド国内栽培(愛媛)

国内アボカド栽培情報


愛媛

瀬戸内海気候の温暖な地域とかんきつ栽培の傾斜地を利用したアボカド栽培が近年盛んになっている。「アボカドサミット」も開催され、松山市は市をあげてアボカド栽培を奨励している。平成30年の農水省の統計データにも登場しているが、栽培面積に対する収量は和歌山よりも低い。

愛媛県の最低気温推移


アボカド国内栽培(和歌山)

国内アボカド栽培情報


和歌山

伝統的なかんきつの産地である和歌山では、アボカド栽培に長年取り組む農家があり、複数品種の栽培により生産・販売が行われている。農水省のデータにも毎回の調査に栽培面積や収穫量が掲載されており、生産性の高さが特徴といえる。

和歌山県の最低気温推移


アボカド国内栽培(沖縄)

国内アボカド栽培情報


沖縄

亜熱帯地域である沖縄は熱帯果樹の栽培が盛んであり、宮古島のマンゴーは日本一の産地となっています。アボカド栽培も各地で行われていて、マンゴー農家がハウスでアボカド栽培を行っている光景を見かけます。

沖縄県の最低気温推移


アボカド国内卸売価格推移(2020)

東京都中央卸売市場の価格推移

市場統計情報


アボカド国内卸売価格データ

2021年